【2万円以下でできる】ロフトベッド作ってみました。

DIY

一人暮らしを始めた方、あるいはいま一人暮らしをしている方

ロフトベッドにしてみたいと思ったことはありませんか?
私も、ベッドが置いてあるスペースのせいで、部屋が狭く感じるな。
ロフトベッドなら下のスペースが収納にも使えるし、部屋自体も広く感じそう。
そう思ってロフトベッドにしてみたいとずっと思っていました。
そこで、本記事では
  1. ロフトベッドの種類とそれぞれの長所・短所、価格帯について
  2. DIYロフトベッドにかかる費用や時間
  3. 実際作ってみての良かった点・悪かった点
  4. 最後に

の4項目について紹介しようと思います。

1.ロフトベッドの種類とそれぞれの長所・短所、価格帯について

まずロフトベッドを購入するにあたり、ロフトベッドには2種類あることを知りました。その2種類それぞれの長所・短所、いくらで買えるのか。についてまとめました。

①パイプ製

  • 価格帯:2.5万~3.5万 高いものだと7万前後
  • 長所 :素材が木より軽く、組立や崩す時に1人でも簡単にできること。
  • 短所 :きしんだり、寝る場所の沈み込みが気になること。

②木製

  • 価格帯:4.5万~8万 結構幅広くあります。
  • 長所 :きしみにくい。種類が多い。
  • 短所 :パイプよりも重いため、組立に2人以上必要になる。(低いタイプだと1人でも問題なく組み立てられるものも)

それぞれの価格帯・長所・短所についてはこのような感じですね。

一人暮らしで今すぐ買うっていう場合はパイプ製だと届いてからも1人で困らずに組み立てできますね。ただ種類が少ないので、自分の部屋に合わないものしかない可能性もあります。

木製は種類も豊富で、高さも色々なものがあるので、自分の目的にあったものが欲しい場合に適しています。

2.DIYロフトベッドにかかる費用や時間

DIYでロフトベッドを作りました。

かかった費用:2.1万円
かかった時間:4時間

私はパイプ製のきしむ音が嫌いだったので、木製一択でしたが、4.5万円となるとなかなか高くすでにベッドがある身としては中々手が出しづらいなと思っていました。

そんな時DIYでロフトベッドが作れる設計図を見つけてしまいました。

https://www.diy-bed.com/(ガッツYOU様)

こちらのHPでなんとロフトベッドが1.5万円で作れると書いてあるではありませんか。

設計図も380円とかなり良心的な価格。

すぐに買いました。

この設計図を見て、近くのホームセンターに早速木材を買いに行きました。

全部買って、カットもしてもらって、2.1万円でした。

んー思ったよりかかってしまいました。

いつも行くホームセンター(コーナン)だと1.5万で買えそうだったのですが、コロナウイルスの影響で木材カットが一時中止となっていたので、いつもとは違う場所で買ったせいです。

まあそれでもパイプ製とほぼ同等の価格でできるなら問題ないですね。

写真の左から順に、まず寝る場所のスノコを作り、柱を作り、その上にスノコを乗せて固定して完成。

と作業自体は難しいことはほとんどなく、足の高さをきちんと揃えるそこにすべてつきる感じでしたね。

時間としてはほぼフルに動いて4時間かかりました

3.実際に作ってみての良かった点・悪かった点

良かった点:安価に制作できたこと。自分が求めるサイズにぴったりだったこと。作った後の達成感が気持ちいいこと。
悪かった点:1人での制作だと、スノコを乗せる作業が苦行だったこと。材料のカットが大変だったこと。

一番良かったことは、安く作れたことですね。木製のロフトベッドを買おうとすると4.5万程度になりますが、2.1万円で今回は作製できました。

おそらくDIYじゃなくても組立には2時間程度はかかるんじゃないかと思うので、大満足ですね。

DIYは全てそうなのですが、苦労すればするほどできたときの達成感がものすごく気持ちいいです

一番悪かったことは、木材のカットの紙を印刷していなかったことです。

ガッツYOU様の設計図を買うと、すでに木材はカットの仕方が載っています。しかも印刷可能ですので、印刷したものを持っていくことを強くおすすめします。

私は運の悪いことにスマホのkindleでこの通り切って下さい。と渡すと、よくわからんから1個ずつ指示して下さい。と言われました。

カットにも1時間くらいかかってしまうので、1時間頭を使って指示して切ってもらうのがすごく大変でした。

あとはそれなりに筋力はあったので大丈夫だろうと思っていましたが、スノコが思いの外重かったので、柱の上に乗せるときには苦労しました。

手伝ってくれる人がいる場合はスノコと柱まで作っておいて、友人や家族を呼んで乗せるのが良いでしょう。

自分は友人も家族もいないため、1人でやりきるしかなかったのですが、ギリギリできた感じでした。

4.最後に

DIYでロフトベッドを作ってみましたが、思ったよりもあっさりできてしまいます。

安く木製のロフトベッドを求めている方は是非ガッツYOU様のブログに行ってみて、設計図を買ってみてはいかかでしょうか。

インパクトドライバーなども300円で2~3日貸してくれるサービスもありますので、本当に2万円以内でロフトベッドが作れます。

コロナウイルスで自粛中のため、時間が余っている今がチャンスだと思います。

これを気にDIYの楽しさに気づいて始めてくれる方がいれば私もとても嬉しいです。

私のベッドも作りたてですので、使用感などについてはまた改めて記事にしたいと思います。

それでは!